高収入!名古屋・錦のクラブ・ラウンジ・スナック限定のナイトワーク求人サイト

〒460-0003 名古屋市中区錦3丁目11-25

新着情報

マイナンバー制度で水商売のバイトが本業の会社にバレるの!?脱税で逮捕される!?

2016年05月19日 21:09 pm


ども。錦求案内のこえっちです。

 このサイトでこの記事をクリックしたあなたが特に関心の強い項目は「 所得の表面化と 」「親バレ、会社バレ」だと思います。

今時ネタの「 マイナンバーによる水商売への影響 」について弊社の顧問税理士先生にお話しをお聞きしたりして調べた事をシェアします!!

 

ちなみに結論から言ってしまうと、現状、マイナンバーはホステスさんにはほとんど影響はないと言ってました。

 

むしろ今まで源泉を収めてなかったお店が一番やばいんじゃないかと( ゚Д゚)

 

 

近々、こんな求人募集を目にする事になるかもしれません・・・

「マイナンバー無しOK!日当17000円のコンパニオン」

「マイナンバー貸します!◯◯円~」

「所得申告は別会社でします!」


 

 

いよいよ始まりますねマイナンバー!!!

 

【現場の経営者の声】

 

高級クラブのママやラウンジのオーナー、部長さんなどに見解を聞いてみました!

 

《高級クラブの大ママ》

「 特に何も考えてないよ~!! これといった対策もないし!! 

お店はちゃんと源泉徴収を納付して申告もしてるから、後は女の子が確定申告するかしないかだよね。

でも確定申告しないといけなくなるだろうから、掛け持ちのアルバイトの子とかは会社にバレちゃう可能性が高くなるかもね~!! 

ちょっと!なんかマイナンバービジネス考えてよ~!!架空のマイナンバー沢山持って貸し出すとかさ~ 」

 

 

《老舗ラウンジオーナー》

「 16年はマイナンバーは任意だから大丈夫だろうけど、17年からは強制的にマイナンバーを使わなきゃいけなくなるから、問題が出て来るかもしれんね~!

うちはちゃんと源泉も納付してクリーンにやってるからいいけど、9割くらいのお店は源泉徴収を納めてないだろうからお店側が大変なんちゃうか~!!

女の子は昼職の会社にバレるリスクはあるけど、ちゃんと源泉を納付している、ちゃんとやってるお店で働いてれば税金は払ってるわけだから、逆に領収書をしっかり貯めておけば、確定申告した時に源泉徴収された分が戻ってきて得するやろ!! 

うちも今税理士と話し合って色々対策練っとる、、、、法人で営業許可取ってると社会保険の問題とか出て来たりするから、許可を個人に切り替えたりな~」

 

 

《クラブのイケイケなオーナー》

「 あんなもん大丈夫だろ!!みんなビビり過ぎだわ!!あれは儲かっとる奴からもっと取ろうとしてるだけだから、なんの影響もないわ!!みんなビビり過ぎ!! 」 

 

( ;∀;)・・・・・・・・

 

 

なんて事を言ってましたっ!!一部の声の紹介ですが今後もっと紹介して行こうと思っています。。。。

 

 結局はどうなるのかは、色んな情報が錯そうしていて始ってみないとよく分からないといった感じです。。

 

たぶん皆そうです。。

 

 【マイナンバー制度とは? 導入目的は?】 

 

マイナンバー制度は平成27年の10月から通知が開始、平成28年1月から利用が開始されます。

 

 「 国民総背番号制 」とも呼ばれています。

 

 全国民1人1人に12ケタの管理番号を付けて、「社会保障」・「税金」・「災害補償」の3つに関連するときで、複数の機関に存在する個人情報が同一人物の情報である事を確認する為に利用されます。

生活保護の不正受給を防止する為や、個人のカネの流れの把握するのが大きな目的です。

 

 

《簡単に言うと》

様々な機関にある個人情報にマイナンバーを紐付けして、ナンバーを照会すれば誰の情報か?がスグにわかるようにする為の物です。(銀行口座など)

 

例えば、給料を誰に支払ったか?などの情報がマイナンバーを追えばすぐに誰なのかを特定する事が出来るようになります。

そして、マイナンバーを追えば他の情報にもすべて紐付けしてあるので、もしその人物が生活保護費を受給していたら不正受給を暴く事ができます!

水商売の場合などは、源泉をちゃんと納付しているお店であれば、税務署は誰にいくら払っていくら税金を徴収したかなどはちゃんと把握しています。

把握はしていますが、その人が確定申告をしたかどうかまでは現時点では把握ができてなかったりするんです。

なので収入があって生活保護費などを受給していても、バレる事はなかったんですね。

しかしマイナンバーで紐付けをすることによって、税務署はその人が確定申告をしたかどうか?がスグにわかるようになります。

 

所得があって確定申告をしてない番号を炙り出すようなシステムを使えばすぐに不正を暴かれます!!

 

 「 個人のカネの流れを正確に把握して、税金の取りっぱぐれがないようにする。社会保障費の不正受給を無くす。 」 

おおむねこんな事が目的です。

 

【確定申告しなきゃいけなくなるの?】

 

働く際にマイナンバーの提出が必要になってる?のかわかりませんが、

いちおう決まりでは2016年は任意で2017年からはマイナンバー提出が強制になるので、そうなると確定申告をしてない事が把握されてしまいます。

 

ただこれは、外注として働く場合もなのか?雇用契約を結んで働く場合だけなのか?など細かい所がハッキリとわかりません。

 

 税理士先生いわく、雇用契約を結んでない限りは全然大丈夫だと言っておられました!!

 

キャストさんは、たいていのお店では雇用契約を結ばずに外注業者としての扱いになっていると思うので、税理士先生の話しが正しければ、大丈夫という事になります。

(税金や申告の仕方などのプロの言葉は妙に説得力があります)

 

 おそらくですが、錦3のクラブ・ラウンジで働くお姉さんたちは、きちんと確定申告をしている人は少ないと思います。

てか、居ないっしょ( ̄д ̄)

本来ならば、アルバイトだろうがレギュラーだろうがキャストは個人事業主扱いとなり、給料は源泉徴収されていると思いますが、確定申告が必要です。

 

 詳しい解説をしていきたいと思います。

↓↓↓

 

【確定申告とは】

毎年1月1日~12月31日までに得たすべての所得を計算し、申告・納税をしなければなりません。

 

この手続きを確定申告といいます。

キャストさんの場合は、予め源泉徴収という形で税金を徴収されている場合や、予定納税という形で税金を前払いしている場合など、予想の所得金額で計算された税額を支払っているはずなので、実際の所得額を確定する事によって本来の税額が計算できます。

その差を清算するのが確定申告です。

サラリーマンは年末調整で清算されます。

 

 《確定申告が必要な人》

◦事業主、個人事業主 ←(キャストさんはだいたいこの扱いになっているはずです)

 

 《サラリーマンで確定申告が必要な人》

◦給与所得が2000万円以上の人

◦2つ以上の会社から給与を受けている人 ←(アルバイトのキャストさんはこれに該当すると思います)

◦年の途中で退職して年末までに再就職しずに年末調整が受けれない人

 

などなどです。。

 

 

本職で水商売をしている場合は、

「 個人事業主 」

 水商売のアルバイトをしている場合は、

「 2つ以上の会社から給与を受けている人 」

が当てはまります。

 

 

【源泉徴収とは】

給与支払者が給与を支払う際に所得税などを差し引いて国などに納付する制度。

会社で雇われていたら給料から所得税を差し引かれてるあれです。

あれは、年間給料額からだいたいの所得税額を予想して天引きしています!

それで年末調整にて控除(生命保険など)してもらって、予想で天引きされていた税額とホントの税額に差があれば、差額分が戻ってくるという感じです。

 

《源泉徴収額の計算方法》

一回の支払い金額-(5000円×支払金額の計算期間の日数)×10%

 

20日出勤して32万円の場合

320000円-(5000円×20日)×10%=22000円

 

日払いで16000円の場合

16000円-5000円×10%=1100円

 

 

【マイナンバー導入による問題点】

水商売で働いていてマイナンバー制度が始まる事で何が問題になるのかというと・・・・

 

「お店がどんな申告の仕方をしているか?」

「女の子に対してどのような形態でお金を払っているのか?」

 

によっても違ってくる話なので一概には言えませんが、こんな感じではないかと思います。

↓↓

 

【昼職と掛け持ちで働いている場合】

まずは、アルバイトの収入があるというのが国にバレやすくなり、確定申告をしてないことがバレやすくなる可能性があります。

副業でアルバイトをして本業以外での収入があるなら確定申告をしなければなりません。

本来なら確定申告をして源泉徴収されている税金額と実際の所得から計算された税金額を清算しないといけないんです!!

要は金の流れをちゃんと申告しなければいけないという事です。

 

ただ、そこまで気にしなくても大丈夫なんじゃないかと思います!(あくまで独断と偏見です)

給料から源泉徴収で天引きされている場合がほとんどかと思いますので、税金は払っている事になります。

 ですので最悪なにかあっても「ちゃんと払っている」と言えると思います。

もし、あなたから徴収した源泉徴収をちゃんと納付してないお店だったら、確定申告をしたくても、源泉徴収票が出せません。

こうなるとメンドクサイ事になりかねないので、ちゃんとしたお店を選ぶ事は時給の高さよりも重要な事と言えます。


 

【税金よりもこっちの方が大問題!!!会社バレ!親バレ】

↓↓↓

《副業として働いている人》

アルバイトのキャストさんが確定申告を絶対にしなければいけなくなった場合、副業が昼の会社にバレる可能性があるという事です。

もし副業がバレて指摘されたらこう言いましょう!

↓↓↓

「 はぁ・・・・・夜働いてますけど何か!?給料少ないんだからしょうがないっしょ!!こんな給料でやってけると思ってんの!!てか今度飲みに来いや!!」

って感じに言いましょう。

 

【住民税がウザイ】

もし副業がバレるとしたら、住民税の金額からバレます。。

昼職を本業としている場合、住民税は会社の給料から天引きになっている会社が多いです。

確定申告をしていたら、住民税の支払いの際に本業の給与に副収入を合算した金額を元に計算され、本業の会社に「 これだけの住民税を給料から引いて支払ってください」と市区町村から本業の会社に通知があります。

その時に本業の会社の給料から計算された住民税の金額と実際に通知のあった住民税の金額が、副業の所得分だけ違ってくるので副業を疑われる可能性があるという事です。

というかすぐに副業だとわかってしまいます。

身内や昼職の会社にバレたくない人は多いでしょう。。。副業の事実がバレるだけならまだしも、調べていけば給与支払者の法人番号がわかってしまいますし、法人番号と企業情報は一般公開されるので、登録が店名ではなく法人名になっていたとしても、なんとなく何の仕事をしていたのか勘づかれてしまったりしそうな感じです。。

 

〖では、親バレ会社バレを防げる方法として考えられるのは?〗

 本業の会社が住民税の天引きをしないようなら、もしかしたらバレないかもしれません。

実際に住民税の天引きを行っていない会社もあります。。。

住民税などは特別徴収という制度で事業者が給料から天引きしなければいけない義務がありますが、事務上のメンドクサさや敬遠する事業者も多く、天引きをしないのを見逃されているのが実情です。

給与所得者の4人に1人は普通徴収という形で、自分で住民税を収めているというデータもあります。

住民税を自分で納めているのなら、会社に住民税の請求通知が行く事はないので、金額が本業の会社にわからないので副業を疑われるような事はないかと。。。あくまで想像です~。。。

 

 

《レギュラー・水商売のみで生計を立てている人》

 確定申告が強制となり、所得が表面化してしまう可能性があります。

追徴課税は最高で過去7年間にさかのぼって課税されます。

無申告加算税は50万円までは15%、50万円を超える部分に対しては20%の税率が加算されます。サラ金並みの金利となります。

かなり痛いです。

しかも追徴課税は分割などが認められませんので、一撃で致命傷となります。

まぁ無い袖は振れないのでどうなるのかはわかりませんけど。。( ;∀;)

ただ、給料から源泉徴収を天引きされてると思うので、ちゃんと源泉徴収分を納付しているお店なら追徴課税などの問題は大丈夫だと思います。

むしろ領収書を貯めておいて確定申告した方が、払い過ぎた税金が戻ってきて得するかもしれません

 

【本職で働いている人はこれが大問題!】

 収入があるのがバレやすくなる為、生活保護費などの受給などが難しくなります。

 例えば夜の業界だと、母子家庭手当を受給している人も多いかもしれませんので、確定申告により所得が明るみになってしまうと受給が難しくなるかもしれません。

 

 

【派遣コンパニオンとかはどうなの!?】

 錦3丁目には膨大な数の派遣コンパニオン会社が存在します。

なかには所得税申告をしてない会社も多いかもしれません、、、いわゆるモグリ。

お店が派遣コンパニオン会社に支払うお金は仕入れ代です。

仕入れ代を払うお店側も仕入れ代をどこに払ったか?という部分で支払い先のマイナンバーを記載しなければならないような状況になると思いますので、マイナンバーが始まったらかなりのコンパニオン業者が無申告を指摘される可能性が高くなり、難しい局面を迎える可能性はあります。

ある日突然飛んで給料が未払いになったりは、全然ありえる話です。あくまでも可能性!!優良なコンパニオン会社に登録する事がポイントになりそうです。

 《派遣じゃなくても、結局はお店でも同じ》

無登録でナンバー無しの闇営業をするお店も出てきたりするかもしれません、、、同じように突然飛んで給料が貰えなくなる事は考えられます。そうゆうお店などは高時給を謳って募集をすると思うので、時給額などよりも、ちゃんとしたお店かどうかを判断材料にしましょう。

 

【2016年10月の時点でのマイナンバー制度の影響のまとめ】 

ざっとこんな感じでマイナンバー制度による錦3のクラブ・ラウンジ業界への影響などを、あくまで予想と想像ですが書いてみました!!

17年から強制でマイナンバーを提出しなければいけないようなので、どうなるかまったくわかりません!

金融機関との紐付けは18年からスタートを検討中という現状です。

 どちらかというと、キャストさんよりはお店側が源泉の納付や申告などで不正ができなくなるなどの影響を受けるのではないかと思います。

そこから女の子に影響が及んでいくって流れになるんじゃないかと思います。

 

【マイナンバー制度で起こる問題点まとめ】

《お店》

◦源泉の納付をしていない場合はそれがバレます。源泉徴収票が出せないので、確定申告をしようとしている女の子とトラブルになるかもしれません。

◦とんでもない額の追徴課税が来るかもしれません。

◦源泉を納付しなければいけなくなるので、儲けが減る

《キャスト》

◦確定申告をしなければいけなくなるかもしれません。ただ源泉徴収はされているので税金は払っている事になるので追徴課税などの心配はない。

◦確定申告によって所得が表面化して、本業の会社などに副業がバレる可能性がある。

◦確定申告によって所得が表面化して、母子家庭手当などの社会保障費がもらえなくなる。

 

 ↓↓↓ 

◦もう掛け持ちでバレずにアルバイトをする事は無理なんですね!!?

◦確定申告はしなければいけなくなるのか~!!

◦もう終わりですね!アルバイトは辞めようっ!!!

 

こんな声をちょくちょく聞いたりします( ;∀;)

 

 しかし2016年10月現在では特に何も影響は出ていません!!

 

もし、噂されているようなことが現実になったら、錦3丁目も大変な事になってしまいます。

 

この求人サイトも応募者が居なくなるので商売になりません(*_*)

 

 で、錦求案内も色々調べてみました。

 

 ググったり、顧問の税理士さんに質問して教えてもらったりした結果、色々とわかってきました!!( `ー´)ノ

 

  もし、マイナンバー制度によってアルバイトを辞めようとか、これから働くにあたり不安に思っている女の子は、入店相談に来てください~!! 現状では大丈夫ですよ!!

Copyright © 2013 - 2017 KINKYU-ANNAI Allright reserved.